金貴金属買取ならおもいおへ

金・貴金属買取ならおもいおへ

他店より高価買取できる4つの理由

買取強化中の金・貴金属一覧

買取り強化中の金・貴金属

▼その他の金・貴金属も高価買取いたしております。お気軽にご連絡ください。▼

金・貴金属の買い取り実績

  • ダイヤクロスネックレス買取
  • 喜平ブレスレット買取
  • 急須純金買取
  • 金歯買取
  • 酒杯買取
  • ダイヤリングk18買取
  • バングルk18買取
  • ダイヤブローチ買取
  • 金貨ネックレストップk22買取
  • ダイヤピアスpt900買取
  • ダイヤブレスレットpt900買取
  • ダイヤリングk18買取
  • 小判純金買取
  • 壊れたダイヤリングpt900買取
  • 天皇陛下即位記念金貨買取
お客様に合わせた選べる3つの買取方法
  • 銀座駅徒歩一分の店頭買取
  • 当日出張可能 出張買取
  • 全国無料 宅配買取
鑑定士が対応 選べる3つの連絡方法
  • 電話での問い合わせ 0120-0310-99
  • メールでのお問い合わせ
  • LINEでのお問い合わせ
おもいお銀座本店限定キャンペーン
おもいおでは一流の鑑定士が対応し高価買取を実現

買取強化中の金・貴金属一覧

インゴット、製品、記念金貨、ジュエリーは
更に高価買取いたしております。

金・貴金属買取自信がある「おもいお」に是非ご相談ください。

  • インゴット買取
  • 製品買取
  • 記念金貨買取
  • ジュエリー買取

買取できる商品ジャンル一覧

  • 金・貴金属買取
  • 宝石買取
  • ブランドジュエリー買取
  • 時計買取
  • ブランドバッグ買取
  • ブランド財布買取
  • ブランド小物買取
  • アクセサリー買取
  • アパレル買取
  • 靴買取
  • 毛皮買取
  • 着物買取
  • 骨董品買取
  • 美術品買取
  • ブランド食器買取

「おもいお」が選ばれる理由

キズや破損があっても大丈夫。どんな状態でも買取します。
おもいおが選ばれるポイント。
おもいおが選ばれるポイント。
お客様に合わせた選べる3つの買取方法
  • 銀座駅徒歩一分の店頭買取
  • 当日出張可能 出張買取
  • 全国無料 宅配買取
鑑定士が対応 選べる3つの連絡方法
  • 電話での問い合わせ 0120-0310-99
  • メールでのお問い合わせ
  • LINEでのお問い合わせ

買取りには本人確認書類が必要です

買取りには本人確認書類が必要です

※20歳未満のお客様の場合は同意書または委任状が必要となります。
※現住所がしっかりと記載されているものに限ります。

≫詳しくは「よくある質問」ページをご覧ください

ご相談はお気軽にお問い合わせください

金・プラチナの相場について

金・プラチナの相場について

金やプラチナといえば、指輪やネックレスなどの宝飾品に使われる代表的な素材であったり、物的資産や投資目的などとして利用される方も多くいらっしゃいます。
テレビやニュースなどで「金は高く売れる」「金は今が売り時」などのフレーズを一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。ですが「売り時、売り時」と耳にしているものの、「本当に今が売り時なのか」、過去レート(相場)まで調べる方まではそう多くいらっしゃいませんが、実際には騒がれるだけあって過去15年間の金とプラチナの相場(レート)を見ても全体的に価値は上がっているため、‘’金はまさに今が売り時 ‘’なのです。

金の純度について

金の純度について

純粋な金(純金)というのは非常に柔らかく、リングやネックレスとして使用した場合、少しどこかにぶつけたりすると、すぐに変形したりしてしまい、ジュエリーには適していません。
なので銀や銅を混ぜ、硬度を高めてからジュエリーにされるなど、用途よっても金の純度が異なってきます。もちろん金としての価値が高いのは純金などの純度が高いものになります。

24金(K24/100%)

24金

24金とは純金を意味しており、現物資産や金投資など様々な用途で利用される金になります。
精錬した金属を一塊にしたもの(延べ棒・バー・コイン)など物的に流通される金をインゴット(ingot)と呼び、「世界共通の通貨」とも言われ、その価値が全世界で認められています。

22金(K22/91.6%)

22金

22金とはあまり聞かない金の種類かと思いますが、アジアの国では主にジュエリーに使用されており、24金よりも硬く、輝きも24金に最も近い濃い金色であることから人気が上がってきている金になります。

18金(K18/75.0%)

18金

18金は適度な硬さがあり丈夫なだけでなく、ホワイトゴールドやピンクゴールドなどのカラーバリエーションも豊富で、輝きも美しいことから、ジュエリーはもちろん、時計やライター、置物など色々な用途で使用される最も人気の高い金になります。

14金(K14/58.5%)

14金

14金は純金が58.5%で残りの41.5%は他の金属が混ざっており、K24やK22、K18のように純度が高くないため、金の輝きが弱く、変色もしやすくなりますが、その反面、丈夫であることから壊れにくいという利点もあります。ハワイアンジュエリーなどによく使用されています。

10金(K10/41.7%)

10金

10金は純金が約42%で残りの58%は他の金属が混ざっており半分以上は純金ではないため、14金同様に金の輝きが弱く、変色もしやすくなりますが、その反面、丈夫であることから壊れにくいという利点があり、ほとんどがアクセサリーに加工され使用されています。

金の種類について

金の種類について

純金というのは柔らかいため、銅や銀などを混ぜ、あえて純度を下げることで硬度を高め、用途に合わせ加工されています。また、丈夫(高度を高める)にするだけでなく、銅や銀の割合を調整することによって金の色合いが変化し、様々なカラーを表現することが可能なのです。

イエローゴールド

イエローゴールド

純金75%の他に銀や銅をメインに25%混ぜたものになります。
金色と聞くと、イエローゴールドをご想像される方がほとんどなのではないでしょうか。
日本人の肌色にもっとも似合う色とも言われ、まさに金を代表するカラーとも言えます。

ホワイトゴールド

ホワイトゴールド

純金75%の他に銀やパラジウムをメインに25%混ぜたものになります。
光沢を増し、より美しくするために「ロジウム」という貴金属でメッキをかけて仕上げています。
メッキをしない素材本来の色はシャンパンゴールドのような金色と白色の中間のような色をしています。

ピンクゴールド

ピンクゴールド

純金75%の他に銅をメインに、銀やパラジウムを25%混ぜたものになります。
ピンクがかった輝きをもつゴールド「ピンクゴールド」は、ピンクという色から女性に好まれ、アイテムを可愛らしく素材として人気が上がっています。

プラチナの純度について

プラチナの純度について

純金というのは柔らかいため、銅や銀などを混ぜ、あえて純度を下げることで硬度を高め、用途に合わせ加工されています。また、丈夫(高度を高める)にするだけでなく、銅や銀の割合を調整することによって金の色合いが変化し、様々なカラーを表現することが可能なのです。

Pt1000(プラチナ1000)

Pt1000(プラチナ1000)

金同様に現物資産やプラチナでの投資など様々な用途で利用されるプラチナになります。精錬した金属を一塊にしたもの(延べ棒・バー・コイン)など物的に流通されるプラチナをインゴット(ingot)と呼び、「世界共通の通貨」とも言われ、その価値が全世界で認められています。

Pt950(プラチナ950)

Pt950(プラチナ950)

こちらの純度は海外の高級ブランド(ティファニー、カルティエ)などのジュエリーに良く使われています。一般的なプラチナジュエリーではPt900の方が馴染みがありますが海外では「プラチナのジュエリーはPt950以上にしてください」という法律がある為、海外ブランドの結婚指輪や婚約指輪などのほとんどがPt950を使用しています。
プラチナは元々貴金属の中でも柔らかく、Pt1000ではジュエリーとして扱うには強度が足りないこともあり不純物【ルテニウム、パラジウム、イリジウム】を混ぜ、ジュエリーに適した強度をにしています。

Pt900(プラチナ900)

Pt900(プラチナ900)

プラチナジュエリーとして最も多く使われている純度になります。Pt900よりもPt950の方が高品質と思われがちですが、必ずしもそうではなく、Pt900の方が強度も高いことから人気も高く、流通量は圧倒的に多くなっています。

Pt850(プラチナ1000)

Pt850(プラチナ1000)

Pt900と同様にプラチナジュエリーとして最も多く使われている純度になります。Pt900の場合ではリングやネックレストップに使われていますが、Pt850の場合はブレスレットやネックレスチェーンなどに多く使われています。
Pt950の方が高品質と思われがちですが、必ずしもそうではなく、Pt850の方が強度も高いことから人気も高く、流通量は圧倒的に多くなっています。

シルバーの純度について

シルバーの純度について

金の場合は千分率の他に「K24」「K18」などと表記されることもございますが、シルバーの場合は千分率表記のみとなります。シルバーの種類は大きく分けて「Sv1000」「Sv925」の2種類となります。「銅」「ニッケル」などを混ぜ、硬度を高めたり、色味を変えたりするなど用途によって純度も異なってきます。もちろんシルバーとしての価値が高いのは純度が高いものになります。

Sv1000(シルバー1000)

Sv1000(シルバー1000)

金同様に現物資産やシルバーでの投資など様々な用途で利用されるシルバーになります。精錬した金属を一塊にしたもの(延べ棒・バー・コイン)など物的に流通されるシルバーをインゴット(ingot)と呼び、「世界共通の通貨」とも言われ、その価値が全世界で認められています。

Sv925(シルバー925)

Sv925(シルバー925)

アクセサリーなどに使われることが多い人気の高い純度になります。「STELING SILVER (スターリングシルバー)」と呼ばれるSv925は強度はもちろん、色合いなども非常に良く有名ブランドのシルバーアクセサリーに最も多く使用されています。

金・貴金属買取について

当店おもいおは、沢山のお客様より金・貴金属の査定依頼をいただいております。
貴金属とは金、プラチナ、銀の3種類があり、その3種類の中でも純度によって更に種類が分けられます。通常、買取された貴金属は溶かされ、新たなモノへ生まれ変わります。
貴金属の価値というのは、金はいくら、プラチナはいくら、ではなく同じ金やプラチナであっても純度によって価値は異なります。よって買取価格も同様に純度や使用されている量などによっても変わってきます。
一般的な買取店ではこういった貴金属を溶かし再利用する、といった手間や時間を考え、買取価格のご提示後、10%~30%を手数料として頂戴しているお店もそう少なくありません。
ですが当店おもいおでは金買取、プラチナ買取、銀買取などの金・貴金属買取に最も力を入れている為、手数料は一切いただいておりません。だからこそどんな金・貴金属でもしっかりと高価買取させていただいているのがご支持いただけている1番の理由かと思われます。
また、貴金属の相場というのは日々変動しており、明日、来月、来年など価値が上がるのか下がるのかなどを把握するのは難しいのです。
ですが、おもいおでは国内はもちろん、海外の需要や相場など最新情報をしっかりと調査、把握して売却ルートの選定を行っております。つまりその時その時に1番高く販売できるルートを見つけることが出来るため、高価買取が実現しております。
どんな金・貴金属でも構いません。是非当店にご相談ください。

宝石に関するお役立ちコラム